一般歯科・小児歯科・予防歯科

contact_tel.png
お問い合わせはこちら

診療時間

 
9:30~13:00
14:30~19:30

▲土曜日は10:00~13:00、14:00~17:00
※休診日:水曜・日曜・祝日

虫歯治療

できるだけ痛みを抑えた治療

歯科医院で治療を受ける際に最も気になるのは「痛み」かと思います。麻酔が効いているうちはもちろん痛みを感じませんが、問題はその麻酔を打つ注射が痛いということです。当院では、麻酔を打つ場所・方向・液を入れるスピードなどを調整することで、大きな痛みを感じない治療を行います。さらに、お子さんの場合は表面麻酔を歯茎に塗ることで、さらに痛みを感じにくくしています。

歯を残すことを目指します

歯は、削れば削るほど弱くなっていき、いずれ抜かなければならなくなってしまいます。そのため当院では治療時にできるだけ歯を削る量を少なくするようにしています。さらに、歯の神経(歯髄)を取ると、さらに歯の寿命が縮まることがわかっています。そのため、虫歯がある程度進行して「神経を抜くべきかどうか」を判断しなければならないような場合には、MTAセメントと呼ばれる殺菌性のある材料を歯に埋め込むことで、できるだけ神経を残すようにしています。

歯周病治療

歯周病は、骨が溶ける病気!?

虫歯が歯を削って穴を空けていく病気であるのに対して、歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯そのものがどれだけ健康でも、それを支えている骨がなくなってしまったら、歯は抜けていってしまいます。溶けた歯が自然に治ることはありませんので、歯周病は、悪化しないよういつも予防しておくことが重要です。

虫歯になったことがない人は、要注意

虫歯菌と歯周病菌は別の細菌で、虫歯になったことのない人のお口の中には、歯周病菌がたくさんいることが多い傾向にあります。さらに、虫歯になったことがなく、さらに予防で歯科医院に通う習慣のない人は、正しい歯磨きができておらず、さらに早期発見もできないため、30代〜40代で一気に歯周病が進行してしまうことがあります。大人になったら歯周病ケアが欠かせません。これまで歯科医院に通っていなかった方も、自分の歯を守るために予防を始めるようにしましょう。

当院の歯周病治療

歯周病治療の基本は、お口の中を清潔な状態に保つことです。まずは歯磨きを見直し、さらに当院で、定期的に歯石除去(スケーリング)や歯の根元のお掃除(SRP)を受けるようにしましょう。かなり悪化している場合は、ぶよぶよになってしまった歯茎を一部切り取ったり、歯茎を切開して中にある歯の根っこをお掃除したりする必要性が出てきます。しかし、そういった治療はできれば受けたくないもの。日頃からきちんと歯周病ケアを続けていくことが大事です。

予防歯科

歯は、身体の他の場所とは違い、自然治癒されることはなく、抜けてしまったら再び生えてくることはありません。そのため、いかに自分の歯をそのままの状態で保っていくかが重要で、本来は予防をすることは当たり前のことです。しかし、日本ではまだまだ予防のために歯科医院に通う習慣のある方は多くはありません。治療をすると、時間や費用の負担は余計に増えてしまい、場合によっては美味しく食事を楽しむことができなくなってしまいます。3ヶ月に1回は予防のために歯科医院へ通い、まずは自分のお口の中の状態を知るところから始めるようにしましょう。

クリーニングで、歯の見た目もきれいに

予防でご来院された際には、歯のクリーニングを実施します。これによって歯石や着色汚れが除去され、歯の印象も改善されます。なお、当院では細かい粒子を吹き付けることでガンコな着色汚れもきれいに取り除く「エアフロー」を導入しています。

小児歯科

お子さんの歯の治療と予防に、力を入れています

うめ歯科クリニック・うめこども歯科では、その名の通り、お子さんの歯の治療や予防には力を入れており、小児歯科の専門的な診療を行ってきた副院長を中心に、お子さんの歯の健康を守るための各種治療と取り組みを実施しています。また、院内はキッズスペースが完備されている、ベビーカーでそのまま治療室までお入りいただけるバリアフリー設計になっている、お子さん目線での洗面台を用意しているなど、あらゆる点でお子さんもお母さん・お父さんも通いやすい医院づくりをしています。

予防は、お子さんの歯が生えてきた時から始まります

最初の歯が生えてくるのは、生後5ヶ月〜6ヶ月頃。そこから、お子さんが将来ずっと健康な歯で過ごしてもらうための予防が始まります。生えてきたばかりの歯のお手入れについてもアドバイスをさせていただきますので、お気軽にお越しいただければと思います。そして、3歳〜4歳くらいになると、乳歯の奥歯まで生えそろい、さらに年齢とともに色々なおやつを食べる機会が増えるため、虫歯が急激に増えていきます。特に乳歯の奥歯は隣同士がピッタリとくっついているため、その接地面のお手入れが行き届かず、さらに見えにくいため虫歯が進行していても見落としやすいという特徴があります。当院では3歳〜4歳のお子さんがいらした時には、レントゲンで歯の見えない接地面に虫歯ができていないのかをチェックするようにしています。

どんなことでも気軽に相談できる場所

虫歯の治療をする時だけでなく、離乳食や卒乳について相談したい時や、お子さんの歯のお手入れについて聞きたいことがある時なども、お気軽にお越しください。お子さんの歯の健康を守れるかどうかは、お母さん・お父さんにかかっています。歯磨きだけしていても、虫歯はなかなか防ぎきれないため、食べ物の種類・食べるタイミング・食べ方などについてもアドバイスをさせていただきます。

フッ素塗布とシーラント

フッ素は、歯の質を強くするための成分で、実際に定期的に歯にフッ素を塗っている子は、歯の質が改善されて汚れが付きにくくなっています。また、乳歯の奥歯の溝は深いため、虫歯になりやすい傾向にあります。当院では、その溝をあらかじめ塞ぐことで虫歯を予防する「シーラント」も実施しています。定期的に予防のために歯科医院に通うことで、お子さんの歯を守っていきましょう。

歯医者さんを好きになっていただきたい

歯医者さんは怖いところ。できれば行きたくないところ。そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと処置をしたり、ちょっと正しいお手入れ方法を知ったりするだけで、その後の虫歯リスクは大きく変わっていくものです。せっかく歯磨きを頑張っていても、やり方が間違っていると、高い効果は見込めません。当院はお子さんにとってもお母さん・お父さんにとっても通いやすく、負担の少ない医院作りをしていますので、ちょっと顔を出すくらいのお気持ちで、ぜひお気軽にお越しいただければと思っております。

妊娠・出産を考えている方へ

妊娠中はホルモンバランスの影響で歯周病になりやすい一方で、治療を受けることに抵抗感を持つ方もたくさんいらっしゃいます。そして、出産後は子育てが始まるため、なかなかご自身の歯の治療のために時間を割くのは難しいという方がほとんどです。そのため、妊娠・出産を考えている女性の中には、事前に歯のチェックをして、必要に応じて治療を済ませておくという方が増えています。お母さんのお口の中に虫歯菌や歯周病菌が繁殖していると、それが赤ちゃんに感染ってしまう可能性も高まります。気になる方は、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

口腔外科

歯科用CTを駆使して、安全な親知らずの抜歯をしています。また、他にも顎関節症の症状を緩和するマウスピースの作成、小帯切除、口内炎治療などにも対応しています。お口の中のトラブルがある時は、まずは当院へご相談ください。