歯がない方の治療

contact_tel.png
お問い合わせはこちら

診療時間

 
9:30~13:00
14:30~19:30

▲土曜日は10:00~13:00、14:00~17:00
※休診日:水曜・日曜・祝日

インプラント治療

歯がなくなってしまった時は、できるだけ快適に食事や会話ができ、さらに見た目も目立たず口の中にも違和感がない治療を受けることが重要です。こういった様々な観点から、特に人気が高いのがインプラント治療です。インプラント治療は、チタンでできた歯の根っこのようなものを顎の骨に埋め込んでしっかりと固定し、その上にセラミックなどで作った歯を取り付ける治療方法です。しっかりと噛める、自然な仕上がりになるといった特徴だけでなく、骨で支えるため他の歯に負担をかけないという大きなメリットもあります。

当院のインプラント治療の特徴

歯科用CTで的確な診断

インプラント治療は口腔外科手術が必要なため、お口の中の状態をできるだけ正確に把握しておく必要があります。そのため、当院ではインプラント治療を受けられるすべての患者さんに対して、歯科用CTを用いた診断と治療計画を作成しています。

ガイドシステムの使用

歯科用CTによる診断結果を元に、コンピューターを用いた治療シミュレーションを行うことができます。その上で、ガイドを作成し、シミュレーション通りの位置・方向・深さで実際のインプラントの埋め込みができるシステムを導入しています。

インプラント認定医による治療

当院の院長は、国際インプラント学会認定医であり、これまでもインプラントセンターの分院長として、多くの診療実績を積み重ねてきました。豊富な知識と高い技術を活かして、安全かつ正確なインプラント治療をご提供します。

完全個室のオペ室、生体モニター

当院には完全個室のオペ室があり、他の患者さんからは隔離された状態で口腔外科処置を受けていただくことができます。さらに、生体モニターを使用して、血圧なども確認しながら治療を進めていきます。

信頼のインプラントメーカーを使用

インプラントを作っているメーカーはたくさんありますが、当院では、世界でもトップレベルのシェアを誇り、多くの臨床データに基づいて治療を行うことができるものだけを選別して使用しています。

骨造成治療にも対応

インプラント治療は人工歯根を骨に埋め込むため、お口周りの骨が痩せている人は受けられないというデメリットがあります。しかし、当院では骨を再生することで、インプラントを受けられる状態にするための治療も実施しています。

無料カウンセリングを実施

インプラントについてもっと詳しく聞きたいという方は、無料カウンセリングをご利用ください。具体的なインプラント治療の進め方や、費用などについてもご説明させていただきます。ただし、検査を行って具体的な診断を受けることをご希望される場合には、別途費用が発生します。

インプラント治療は、アフターケアが大事

インプラントは、治療が終わったらそれで安心して良いというわけではありません。長く使い続けていただくためには、定期的に検診を受けて、ご自宅でもきちんと正しい歯磨きを続けていっていただく必要があります。特に虫歯や歯周病によって歯を失った方は、以前のままのお手入れを続けているだけでは、再発する可能性が高いでしょう。せっかく治療したインプラントが長持ちするよう、アフターケアを欠かさないようにしましょう。

入れ歯

入れ歯には、保険診療で作ることができるプラスチック製の入れ歯の他にも、金属床の入れ歯やノンクラスプデンチャーなどがあります。現在入れ歯をお使いになっていて、「噛めない」「すぐ外れる」「痛い」「違和感がある」といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ当院へご相談ください。

金属床の入れ歯

入れ歯の土台部分に金属を使用しており、薄くて丈夫な仕上がりになります。また、金属は熱を通しやすいため、飲み物や食べ物の温度を感じやすいというメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー

通常の入れ歯には金属でできたバネがあり、それを他の歯に引っ掛けて固定します。しかし、このバネはお口を開けた時に目立つというデメリットがありました。ノンクラスプデンチャーは、このバネがないタイプの入れ歯ですので、お口を開けても入れ歯を使っていることがわかりにくくなります。

ブリッジ

歯を失ってしまったところの両側に残っている歯を削り、橋渡しにするように人工の歯を取り付けます。土台にする健康な歯を削らなければならないというのが一番の欠点ですが、既に治療で削ったことがある歯なら、ブリッジも悪い選択肢ではありません。なお、当院では、できるだけ部分矯正で支えにする歯を真っ直ぐに立てて、歯に垂直に力が加わるようにしています。